新庄徳洲会病院

menu

<

掲載日付:2021.10.15

Vol.228 イベルメクチンは是か非か

 線虫という寄生虫感染の治療法を発見した功績で、2015年にノーベル生理学・医学賞を大村智氏が受賞してイベルメクチンは有名になりました。もともとは細菌感染に有効なマクロライド系の抗菌薬ですが、主にアフリカなどの途上国で流行する寄生虫感染症であるオンコセルカ症による失明や足が象のように大きく膨れ上がる象皮病などの特効薬として、1980年代から数億人に使用され数多くの人を救ってきました。今度は新型コロナウイルスが細胞や細胞の核の中に侵入することを防ぐことが実験で認められ、実際に使用した結果からも有効である可能性が示唆されました。高額な新薬が使えない途上国では、治療薬としてだけでなく予防薬としても配られ、劇的な効果を示した報告もあります。

 一方でWHOを始め先進国ではその有効性は否定されています。今年3月に治療と予防効果と安全性を示した論文が出ましたが、それが捏造であると指摘され、掲載が撤回された事件がありました。一方でこの指摘への反論も表明されています。安価で有効な治療薬に予防効果もあると、様々な製薬会社が巨額の研究費をつぎ込み、当たれば莫大な利益を生む治療薬や予防薬が日の目を見なくなるから、このような否定的な見解を出したという疑惑さえ囁かれています。確かに、新薬の1/1000以下の低コストで、使用経験も十分に蓄積され安全性も高いとなると人類には福音ですが、今回の騒動を利用して大儲けをしようとしている勢力には大きな脅威となります。

 もともとマクロライド系抗生物質は少し変わったところがあり、1回の内服で効果があるものや、抗菌作用以外の有効性が話題になることが以前からありました。膵臓の手術後に腸の動きを早く戻す効果があり術後の経過が改善するという論文があり、20年前に私も使ったことがあります。私がイベルメクチンそのものを処方したのは疥癬の患者さんに1度だけだと思います。我が国でも一部の医師は新型コロナに対して積極的に使用しているようですが、流通量が少なく個人輸入も行われているようです。また、動物に使用されるものをヒトに転用して副作用が出た例もあるそうです。現段階での使用は難しいかもしれませんが、我が国で発見された薬が話題になっているのだからこそ、国を挙げてその有効性を検証すべきではないでしょうか。

 大村氏が名誉教授を務める北里大学は、昨年から臨床治験を開始しました。人手と資金が不足し停滞していましたが、日本の製薬会社が協力に名乗りを上げ、公費の助成もあり、近々結果が発表される所まで来ているようです。もっと早い段階で国が資金援助を行っていれば、すでに結論が出ていた可能性もあります。公平性を保つために北里研究所以外の施設も巻き込み、できれば日本以外の流行国も含めた研究にすればより信頼性も高められたでしょう。役に立つ学問(すぐに金儲けができる研究)を優先し、基礎研究への投資を惜しんだため、ワクチン開発では遅れを取りましたが、既存の薬の有効性を確認するのであれば十分に対応できたと思います。特許切れのため利益がもたらされないこととは無関係でしょうが、イベルメクチンをもともと製造販売していた米国のメルク社は、使用には当初から反対の態度をとる一方で、新型コロナの軽症患者に経口で用いるに抗ウイルス薬を発売しました。重症化や入院を半減させる効果があるようで、米国のFDAに緊急使用の承認を申請しています。この薬の値段が製造コストの40倍であることが米国内で批判されているというニュースがありました。製造コストの40倍というのは、莫大な開発費をかけても実用化されるものが僅かであることを考えるとやむを得ないのかもしれませんが、このような現実を見せつけられると、実はイベルメクチンが有効であるという事実が隠れているのではないかという気もするのですが、ゲスの勘ぐりでしょうか。

掲載日付:2021.09.29

Vol.227 今どきの若者は…

 妻が長期不在となったある日曜日の朝、中学生の息子との昼食と夕食を作る準備のため近所のスーパーマーケットに買い物に出かけました。食材を買い込むために大きめのリュックサックを背負って意気揚々とまずは散歩に出発、帰り道に買い物を済ませました。余計なものまで買い込んだせいか、予想以上に荷物が多くリュックに入り切りません。仕方なくお茶のペットボトルは手で持ち、最後に割れないように10個入りの卵を入れたのですが、どうしてもファスナーが閉まりません。やむを得ず、卵は30%くらいが斜めに顔を出した体勢で背負いました。自宅まで数十メートルというところで、後ろで「グシャ」という不吉な音がしました。振り返るとアスファルトの歩道にパックが落ち、中から4個の卵が飛び出して潰れていました。パックの中で原型を留めているのは2〜3個でした。こういうドジが多い私は、「また、やってしまった~」と慌てましたが、ハンカチはおろかティッシュペーパーもない状態です。

 とその時、「アラ、大変ですね」と後ろから若い女性が声をかけてくれました。卵が潰れた場所は美容室の前で、店員さんが出勤してきたところに、ジャージー姿のみすぼらしい白髪交じりの爺さんが道路にしゃがみこんでいるのに遭遇したようです。彼女は素早く店に入って、「これを使ってください」とレジ袋とペーパータオルを差し出してくれました。感謝しつつ道路に広がった生卵を取ろうとするのですが、なかなかてごわく手間取っていると、さらにその店から男女3人が出てきて手伝ってくれました。レジ袋に潰れた卵とペーパータオルを入れて、パックに残った卵も入れようとすると、「それまだ食べられますよ」と言われ、レジ袋をもう一枚差し出されました。「これで手を洗ってください」とバケツにお湯まで用意して、最後は汚れた歩道の掃除までしてくれました。自分の愚かさと、今どきの若者の優しさを思い知りました。

 今回のコロナ騒動で一番影響を受けたのは子供と若者です。勉学や遊びの機会や労働を奪われた若者は1000万人以上はいるでしょう。その責任は我々大人にあります。「今どきの若者は…」というのは大昔から若者批判に使われてきた言葉です。確かに、自分の子供を含めて今どきの若者はひ弱だなと思うことが少なくありません。私の少年時代は、高度経済成長が始まった頃でしたが、小学校の帰り道に傷痍軍人が物乞いをする姿を見たことがあります。経済的に豊かになり、今の若者の多くは貧しい社会を見ることなく成長できました。ただ、彼らは、今日より明日、明日より明後日がよくなるという希望を持てない社会で生まれ育ったような気がします。努力が報われる確率が高い社会ではなく、どうせ頑張っても大して変わらないという社会です。父祖の世代は、希望が持てる社会を残してくれましたが、私達はそれを怠ってきました。

 今どきの若い医師は、医学の進歩に伴い膨大な知識が求められます。また、患者さんではなく患者様として対応することを求められるので、型にはまっている感は否めませんが、昔の医者に比べて遥かに丁寧で親切です。私のような偏屈者は、今の日本では医師失格の烙印を押されるでしょう。彼らに媚びる気はありませんし、まだ彼らに教えられるものも持っているつもりですが、今どきの研修医は大変だなと常々思っています。今どきの若者に救われて、改めてこれからの残り少ない人生を、彼らの邪魔をしないだけでなく、少しは彼らが生きやすくなる社会を作る力にならねばと思いました。パックに残った卵で作った納豆オムレツ(単に納豆と卵を混ぜた卵焼き)は、結構美味しく再度彼らに感謝し、その日の午後に改めて店にお邪魔してお礼を言いました。本当にありがとうございました。もう一つ自分の愚かさから学んだことは、卵のパックは上下の衝撃には強い構造なので、下に入れたほうがよいということです。

掲載日付:2021.09.09

Vol.226 絶対的正解などない!

 菅首相が自民党の次期総裁選への出馬を断念しました。彼に決定的に欠けていたのは、国民に対する説明能力ですが、彼をサポートし対応できなかった側近の責任のほうが重大です。マスコミは批判しかしませんが、ワクチン接種が急速に進んだのは、製薬会社に直談判した彼の功績であり、それは評価すべきです。彼がうまく情報を発信できなかったのは、マスコミはもちろん国民にも共通する「失敗を許さない態度」も一因だと思います。複数の政策を客観的に比較して評価することは、同時進行ができないので不可能です。得たものが大きくても、失ったものがあると、マスコミはそちらばかりを強調して批判します。60点は論外で、80点でも満足できず、100点で当たり前という不寛容な姿勢では、選挙を意識する政治家に決断力は望めません。

 「私、失敗しないので」という決め台詞の外科医を描いたドラマがあるそうですが、手術は思い通りに行かないことはめずらしくありません。想定範囲の広い優秀な外科医でも想定外のことは起こります。私は外科医の真価は、そのようなときに対処する能力だと思います。新型コロナ対策も、私を含めて皆が勝手なことを言いますが、実行する当事者は大変です。予測困難なことに無難に対応しようとすると、揚げ足を取られないことを優先し、都合のよい数字だけを「エビデンス」として発表しても不思議はありません。マスコミは政権批判に都合のよい事例をろくに取材もせずに、不安を煽るような表現で拡散します。専門家と称する人たちにも立場があり、純粋科学的な見地からだけで意見を言っているわけはないかもしれません。行政とマスコミと専門家がこれほどバラバラでは、一般人は戸惑うばかりです。私は職員に話すときには、事実と意見を区別するように心がけ、私の意見は間違っている可能性が十分あることを強調しています。私達が直面している問題には、絶対的な正解などないという前提で向き合わねばなりません。
 
 今でも二類指定の見直しをすべきだと考えていますが、それで全てが解決するとも思いません。それによる不利益は必ずあり、命を失う人もいるかも知れません。問題はどちらが被害が少ないかということです。どちらが良いかではなく、どちらが悪くないかです。新型コロナの診療で苦労しているのはほんの一握りの医者です。各々がなすべき仕事を、できるだけ多くの医者で分け合うことが重要です。行政の意向が届きにくい民間病院では、新型コロナの診療に反対する勢力もいます。「国難」や「野戦病院」という言葉を使う一方で、各々ができる最大限の協力をしないというのは如何なものでしょうか。医師法第19条には、診療に従事する医師は、診察治療の要求があった場合には、正当な事由がなければこれを拒んではならないとあり、いわゆる医師の「応招義務」を定めていますが、病院には義務はありません。今年1月の感染症法改正で、コロナ病床確保のために厚生労働大臣や知事は、医療関係者などに協力の「要請」をし、正当な理由なく応じなかったときに「勧告」できるよう権限を強め、従わない場合は公表できるようになりましたが、当初案では「命令」だったようですが、反対勢力により「勧告」にされました。

 ロンドンでは病床数の90%台後半の重症者が出ても医療は崩壊しませんでしたが、東京都では70%前後でも崩壊するのであれば、医者を動員するしかないのでしょう。医師一人を養成するには数千万円の税金が使われます。医師免許があると生活苦に陥ることはありません。ワクチンを優先して接種されたのは、診療中のリスクを減らすためだったはずです。それなのに仕事をしないのであれば、強制的な法律を作られても文句は言えません。自ら進んで参加するほうが国民からも支持されます。その代わりに、国民の側も、そのような状況で働く医師が決定的なミスを侵さない限り、結果だけでヤブ医者だとか医療ミスの烙印を押さないでいてほしいのです。


menu close

スマートフォン用メニュー