新庄徳洲会病院

menu

<

掲載日付:2022.09.29

Vol.253 死者への感染対策も過剰では?

 新型コロナは第7波で一気に身近な病気になりました。当院でも多くの入院患者さんや職員に感染が広がりました。オミクロン変異を遂げた新型コロナは、私のイメージと異なることはなく「たちの悪いカゼ」で、診療に関しては想定内でした。基礎疾患のある衰弱した患者さんが少なくない当院では、感染をきっかけに基礎疾患が悪化したり、誤嚥性肺炎を併発して亡くなることもありましたが、同じような高齢者でも2〜3日の軽い発熱だけで済んだこともありました。想定外だったのは、亡くなった患者さんの取り扱いが、未だに特別だったことです。

 2年前に亡くなった女優の岡江久美子さんは、救急搬送された後に家族が会えたのは火葬後だったと聞いたときには信じられませんでした。当時でも飛沫感染が主であることは判っていました。呼吸していない患者からは飛沫は出ません。接触感染への対応は十分可能です。にもかかわらず、死亡後には納体袋に入れられ遺族との面会も叶わず火葬場に直行し、家族は遺骨としか対面できないというのはあまりにも酷い仕打ちです。この程度の感染症で病死した人が死刑囚以下の扱いを受けなければならないのかと腹立たしかったのを覚えています。ところがそれから2年以上経っても基本的な取り扱いは変わっていませんでした。

 厚生労働省からは、「新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方 及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等 に関するガイドライン」という31ページに渡る文書が、令和2年7月29日に出されており、これが基本的には現在も指針として用いられています。その後の通達で、遺族に配慮して遺体の顔の部分は透明な納体袋を使用するように推奨されていますが、その他は大きな変更はありません。ガイドラインには、納体袋は非透過性のもので体液が漏出しないようにすること、飛沫が出ることはほとんどないので接触感染に注意すること、距離を取りマスクや手袋で接触には細心の注意を払うことと記載されています。確かに得体のしれない感染症であれば、遺体の搬送や火葬に従事する人も怖いでしょうが、2年以上経ち、オミクロン変異を経て毒性が低下し、第7波では至るところにウイルスが存在している状況なのですから、このやり方は過剰です。実際の運用は自治体によって異なり、当地ではさほど厳しくありませんが、今でも火葬場が空くまで病院で遺体を待機させ、特殊車両を用いて搬送し、直ちに火葬する自治体もあります。そのために20万円以上の余分な費用が発生することもあり、自治体によっては補助制度もあるそうです。

 死を弔うのは残された者のためです。ある哲学者は祟りを恐れるからだと述べていました。現代ではあまりピンとこないかもしれませんが、歴史を見ると納得できます。ベッドサイドの千羽鶴を見ると、その時間を使って患者さんをさすってあげるほうがいいのにと私は思います。死に目に会うかどうかより、意識があるうちに水を飲ませてオムツを変えてあげれば、残された者にとっても大事な思い出になるのにとも思います。私は薄情な人間ですが、普通の人にとって、近親者の死にどのように向き合ったかということが非常に大きな問題であるということは理解しているつもりです。死ぬ前にコロナが陽性になったという理由で、面会できないだけでなく、身体に触れることや耳元で話しかけることさえもできないというのはあまりに理不尽です。私は最大限の注意を払って、最後の別れが出来るように配慮しました。ルール違反があったかもしれませんが、現在行われているやり方が、感染予防のために正しいとは思えません。ルールは感染予防の手段のはずですが、ルールを守ること自体が目的になっているような気がします。これもまたゼロリクスが招く悲劇です。科学的な目と情を持った医者でありたいと思います。

掲載日付:2022.08.31

Vol.252 コロナ世代と呼ばれる日

 極端な例であってほしいのですが、千葉県に林間学校で就寝時にマスク装着を強制し、そのために自宅でも練習するように指導している公立小学校があるそうです。過日、ラジオで京都大学大学院の明和政子教授が、「コロナ禍の今、子どもの心の発達を考える」という対談をしていましたが、その中でマスクが子供に与える悪影響は大人とは比較にならないほど大きいと指摘していました。40年前に小児科の初めての講義で教授が、「子供は大人のミニチュアではない」と話していたのを覚えていますが、明和氏も、子供の脳は大人の脳のミニチュア版ではなく、脳への影響は圧倒的に大きいと以下のように述べていました。

 大脳の視覚野や聴覚野は生後数か月から7〜8歳の影響を強く受けます。大人はそれを意識しているわけではありませんが、赤ちゃんをあやす時には表情を大きく変化させます。大人が笑うと赤ちゃんも笑いますが、そのときに沸き出す感情を笑いと結びつけることを学びます。生後6ヶ月からは口元を見るようになり、「ママ」などの口の動きを見ながら言葉を習得します。マスクをしている大人からは表情が読めません。「目は口ほどに物を言う」のは、赤ちゃんには当てはまらないのです。また、幼児期には脳の前頭前野という人間らしい複雑な考えをする部分が発達します。生後4年目からイヤイヤ期が終わるのは、これと関連しています。自分と他者の違いがわかるようになり、おもちゃを独り占めすると友達がどう思うかを考えられるようになり、表情を見ることで相手の気持を汲み取る事ができ始めます。実際の調査でも、コロナ騒動で子供の表情が乏しくなったとか、言葉の獲得が遅くなったという保育者の声が寄せられているそうです。さらに、明和氏は、親以外の他人との身体接触を通して脳は発達すると述べ、身体接触の重要性も強調しています。指を切って血を流している人の痛みがわかるのは身体接触から学びます。身体接触は大人にも重要で、愛情ホルモンと呼ばれているオキシトシンは、赤ちゃんを抱っこしている大人からも出ていることが証明されています。

 人の脳は25年かかってようやく完成しますが、他の類人猿には例のないことです。チンパンジーは子供が独り立ちする7歳になるまで、母親は排卵しないので妊娠できず、子育ては母親が専任で行います。ところがヒトは、授乳していても2年すると排卵が起こります。大型哺乳類の中で、攻撃力も防御力も逃走力もさほど優れていないヒトがここまで繁栄したのは、集団で生活し多くの子孫を残すことができたからです。脳が完成していない若い親でも、集団生活をするので、家族以外の力を借りて子供を育てることができたのです。明和氏はこのような共同保育の重要性から、核家族化が進んだ現代では家族に変わる共同体が必要で、その中で親としての脳や心(親性)が、子育てという経験を通してゆっくり育まれていくと述べています。

 子供の時間は大人と比べて遥かに濃密です。子供の1年は大人の数年から10年以上に匹敵します。コロナ騒動の2年間は子供にとっては大人の10〜20年間に相当すると考えるべきです。今マスクが外せなくなった子供たちが大きくなった時に、その時代が沈滞していることの責任を負わされ、蔑称として「コロナ世代」と呼ばれるのではないかと危惧します。コロナ世代を造った責任は我々現代の大人なのですが、我々はもういないかもしれません。そのときにあの程度の病気でこんなになってしまったのかと悔やんでも取り返しは付きません。コロナ騒動でのマスク装着やワクチン接種は、実質的には強制的に行っている人体実験です。発達途上にある子供は簡単に洗脳され、過剰なまでに環境に適応してしまいます。被害が甚大な病気でもないのに、未来ある子供たちを実験に巻き込むことの意味を大人はもっと真剣に考えなければなりません。

掲載日付:2022.08.10

Vol.251 天災? 人災!

 7月下旬に行われた全国高校総体のサッカー競技で、一人の選手が発熱しPCR検査で陽性となり、その高校は大会規定により出場を辞退しました。厳しい予選を勝ち抜いて掴んだ代表の座でしたが、たった一人が感染しても出場を辞退しなければならない大会規定とは一体何なのでしょう。他の選手も気の毒ですが、陽性となった選手の心情は察するに余りあります。政府も専門家もウィズコロナと言いますが、未だに多くの現場では実質的にはゼロコロナです。世界一の感染流行地となった日本で、ウイルスに接したことがない人はほぼいないと考えるのが妥当です。

 政府もようやく2類相当の分類を見直すことを検討すると発表しましたが、第7波が終了後のようです。2年前の春から私は、季節性インフルエンザと同等の5類で十分と発信していましたが、少なくともオミクロン変異により、感染率が高くなり重症化率・死亡率が明らかに低下した時点で行うべきでした。さらに感染率が高くなった今でも継続していくのは正気の沙汰とは思えません。医療が逼迫するのは、無症状者や軽症者を見つけるためにPCR検査を過剰に行い、マスコミに洗脳されて怯えた陽性者が医療を必要としないにもかかわらず医療機関に集まることと、医療従事者が自宅待機を強いられることが原因としか思えません。

 PCR検査の陽性者を増やすために、無料の検査を始めたことも異常ですが、検査を受けると500円程度の商品券を配っている検査所まで現れました。検査終了時には、「3日に1回、何度でも受けられます」と言われ、さらに検査を紹介した人にまで商品券が配られる事態は、税金を原資としたネズミ講と言えます。生命保険会社が昨年末から販売した「コロナお見舞金」も陽性者の急増により販売中止となりました。似たような話は医療の現場でも見られ、2類相当を変えたくない医療機関があるとは思いたくありませんが、確保病床の対象病院では、入院患者の有無に関わらず1日につき一床あたり7万数千円から重症では40万円以上の収入があります。

 遅きに失したとは言え、医療逼迫の恐れからか、日本感染症学会などからも、リスクの少ない軽症以下の陽性者は3日前後様子を見てから受診するようにとのコメントが出ましたが、重症者の状況もよく考える必要があります。日本医科大学の高度救急救命センターに搬送された脳卒中の患者が、コロナ陽性と判明したためコロナの重症者用の病床に入院し、8床が満床になったというニュースがありました。その8人の中で、コロナによる重症者は1人だけで、7人はコロナ以外の重症者がPCR陽性となったものです。おそらく同様のことが全国各地で起こっているはずです。8月3日時点で重症者数は全国で478人ですが、NPO法人日本ECMOnetの集計では、同時点で人工呼吸器または人工肺で管理されているのは72人です。この差は、中等症以下の患者が重症病床に入院していることと、日本医大と同じ状況によるものでしょう。

 ただちに2類相当から季節性インフルエンザ並みに変更し、濃厚接触者の追跡や無症状者へのPCR検査をやめるべきです。それには専門家の科学的意見よりも政治家の毅然とした決断が必要です。専門家には様々の意見があり、中には完全に正反対のものさえあります。様々な対策がエビデンスに基づいてなされたのでしょうが、これまで有効なものがほとんどなかったことは経験的に気づいているはずです。ある程度の科学的根拠を示した上で、国民を守るためにこうするのだと発信することが首相の責務です。コロナ騒動は天災ではなく人災の面が多いと思います。メディアにより洗脳された国民を目覚めさせることができるのは、先の参議院選挙のポスターで、岸田首相の横に大きく赤字で記されていた「決断と実行」しかありません。


menu close

スマートフォン用メニュー