新庄徳洲会病院

menu

<

掲載日付:2022.11.17

Vol.255 コロナのクラスターを経験して

 第7波では新型コロナの陽性者が激増し、多くの医療機関でクラスターが発生しました。地方の中規模病院である当院でも、患者さん64名と職員76名(全職員の1/4以上)が陽性となりました。病気自体は季節性インフルエンザ並みで、熱・喉の痛み・咳や痰・全身倦怠感が主な症状で、入院中の患者さんは、ほとんどが高齢で、癌・末期の認知症・脳卒中後遺症・腎不全などの基礎疾患がありました。陽性者のうち16人が亡くなりましたが、その平均年齢は86.8歳、1人を除いて後期高齢者で、唯一の例外の50代の患者さんも、重症の脳梗塞後で寝たきりになり、肺炎を繰り返して経管栄養の継続が困難で衰弱していました。16人の死亡診断書を見ると、新型コロナが直接死因と記載されたのは90代の患者さん1人で、もともと慢性の肺疾患が悪化して入院し、治療して落ち着いたところに、尿路感染を起こし、最後に新型コロナがとどめを刺したものでした。全ての患者さんが、「死が身近にある」状況で感染したと考えてよいでしょう。

 愛知県知事が8月の記者会見で、「第7波ではコロナ肺炎単独の原因で死亡した人はいない」と発言して話題になりましたが、私の印象も同じです。感染症法上の2類相当(実質的には1類に近い)にしたままで、第7波を迎えて現場は大きく混乱しました。陽性者に加えて濃厚接触の16名が出勤できなくなり、夜勤体制が組めず病棟を1つ閉鎖しました。感染者を隔離するために患者の大移動を行い、過剰としか思えない感染対策を行うことで業務の手間は激増しました。私も毎朝「レッドゾーン」と呼ばれる感染者の病室を回診しましたが、ここで1日中仕事をする職員の負担は大変なものです。その一方で、病院の機能は低下し、多くの患者が影響を受けました。リハビリ継続のために転院してきた90代の患者さんは、転院直後からリハビリができなくなり、身体機能が低下してしまいました。技師さんに相談して、私がレッドゾーン内で細々とリハビリを行いました。大したことはできませんでしたが、患者さんは泣いて喜んでいました。コロナ対策がもたらした最大の害は、「普通の医療」ができなくなったことです。そうせざるを得ないほどの病気ではないと多くの国民が感じていることは、最近の行楽地の混雑を見てもわかります。にもかかわらず、同じ体制で第8波を迎えようとしているのは正気の沙汰とは思えません。

 コロナの空床補助金を22億円も不正に受け取った病院もありますが、正当に受け取った病院でも財務状況が改善したことは、慢性の赤字体質だった多くの自治体病院が一気に黒字になったことからも明らかです。その一方で、我々のような地方の民間病院は、指定医療機関ではないので空床補償はなく、入院患者数が大幅に減少したために大きな赤字を出すことになりました。我々のような民間病院では、現状が続くと経営が成り立たたなくなる可能性があります。おそらくこれまでに100兆円以上の予算がコロナ対策に注ぎ込まれていますが、その有効性は検証されないまま、今後も継続されそうです。

 コロナ元年と言える2020年は、総死亡が前年を約8400人下回るという異例の事態でしたが、昨年は前年を約67000人上回るという戦後最高の伸びを示しました。そして今年は8月までにすでに最高の伸びを示した昨年をさらに71000人以上上回るという異常事態です。これはコロナ死だけでは説明できません。我々に必要なのは、一度立ち止まって考えることです。新型コロナをインフルエンザ並みの病気として扱い、過剰な補償を止めて、検査や治療薬はもちろんワクチンの無料化も中止すべきです。経済活動も過剰な支援は止めて制限を解除するだけでよいと思います。多くの人が困るような事態になれば変更すればよいのです。問題を一気に解決する魔法はありません。山で道に迷ったときはいったん引き返すのが原則だと思います。

掲載日付:2022.10.18

Vol.254 マスクをする自由としない自由

 先月、3年ぶりに開催されたNHK全国学校音楽コンクールの地区大会がニュースで紹介されていましたが、全員がマスクを付けて合唱している姿に驚きました。参加規定では、前後左右に2メートルの間隔を取り、不織布マスクを付けることとあります。マスクをしても上手く歌えるのは大したものですが、合唱中にマスクに触れている生徒が少なくありませんでした。ずれたのを戻しているのが多数でしたが、呼吸のための隙間を作っているようにみえる生徒もいました。

 NHKの広報局は、文科省のガイドラインに沿って、全国コンクールでもマスク着用を指示すると公表しました。文科省の外局である文化庁が出した「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」には、「合唱をする際には、マスクを原則着用する」とあり、児童・生徒ら同士の間隔は、マスクをしていても最低1メートル、できるだけ2メートル開けるように指示しています。今回のNHKの方針に対して文化庁は、「マスクは推奨していますが、各地域の感染レベルに応じて一定の距離を取っていれば、必ずして下さいとは通知していません。」との見解を示し、マスク着用をガイドラインのせいにされるのは困るとさえ述べています。本選ではNHKのアナウンサーとゲスト歌手と審査員以外の生徒と教師は律儀にマスクを付け、合唱中に直している生徒も少なくありませんでした。この光景を異常と思わない感性は異常です。一般のコンサートでマスクを付けて歌っている演者はいないはずです。

 要するに、NHKは、感染が広がっても生徒が酸素欠乏で救急搬送されても、ガイドラインに沿ってやったので我々には責任はない、また、文化庁も、原則を示しただけでどのように運用するかは現場の判断であり、ガイドライン自体には問題ないと言うでしょう。結局は誰も責任を取りたくないのです。どのような事態になっても、それは自分以外の誰かや何かの責任だという、責任回避が最優先される社会構造なのです。これは合唱だけではありません。日本剣道連盟主催の試合では、不織布マスクの上にフェイスシールドを付けて、その上に面をつけることが義務付けられています。友人の剣道家によると、普段の稽古中からそうしているそうです。その結果、歌唱用や剣道用のマスクが開発され、マスコミはそのことを称えています。水泳用のマスクに至っては、笑えない冗談としか思えません。

 コロナ騒動初期にマスクの在庫が逼迫した時、そんなに慌てるなという趣旨のコラムを書きましたが、マスクの感染予防効果が限定的であるという私の考えは今も変わりません。確かに昨年米国の大学のグループがバングラデシュの農村部で行った大規模調査では、マスクの着用を推奨した地域では新型コロナによると思われる症状が11.6%低くなったという結果が出され、その有用性を支持しています。一方で最近の韓国からの論文では、多くの国からの報告を集積したメタアナリシスで、新型コロナを含む呼吸器感染のウイルス疾患に対しては、N-95という特殊な医療用マスクは予防効果は証明されましたが、一般の不織布マスクでは統計学的に意味のある差は認められませんでした。オミクロン変異した新型コロナの死亡率・重症率の低さを考えると、マスクの優先順位はかなり低く、特にそれを若者に強制するのは明らかに間違っています。そんな中で、福岡県の高校生が、「マスクを自由にする会」というものを立ち上げました。以下の2点-①屋内外問わず、マスクの着用は任意であり強制ではないと公言して頂く、②屋内外問わず、マスクの着脱を、他者に強要してはならないと公言して頂く-を、内閣総理大臣と厚生労働大臣に請願するため、署名10000人の目標を達成しました。未来ある若者にエールを贈りたくて私も署名しました。ネットで簡単にできます。

掲載日付:2022.09.29

Vol.253 死者への感染対策も過剰では?

 新型コロナは第7波で一気に身近な病気になりました。当院でも多くの入院患者さんや職員に感染が広がりました。オミクロン変異を遂げた新型コロナは、私のイメージと異なることはなく「たちの悪いカゼ」で、診療に関しては想定内でした。基礎疾患のある衰弱した患者さんが少なくない当院では、感染をきっかけに基礎疾患が悪化したり、誤嚥性肺炎を併発して亡くなることもありましたが、同じような高齢者でも2〜3日の軽い発熱だけで済んだこともありました。想定外だったのは、亡くなった患者さんの取り扱いが、未だに特別だったことです。

 2年前に亡くなった女優の岡江久美子さんは、救急搬送された後に家族が会えたのは火葬後だったと聞いたときには信じられませんでした。当時でも飛沫感染が主であることは判っていました。呼吸していない患者からは飛沫は出ません。接触感染への対応は十分可能です。にもかかわらず、死亡後には納体袋に入れられ遺族との面会も叶わず火葬場に直行し、家族は遺骨としか対面できないというのはあまりにも酷い仕打ちです。この程度の感染症で病死した人が死刑囚以下の扱いを受けなければならないのかと腹立たしかったのを覚えています。ところがそれから2年以上経っても基本的な取り扱いは変わっていませんでした。

 厚生労働省からは、「新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方 及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等 に関するガイドライン」という31ページに渡る文書が、令和2年7月29日に出されており、これが基本的には現在も指針として用いられています。その後の通達で、遺族に配慮して遺体の顔の部分は透明な納体袋を使用するように推奨されていますが、その他は大きな変更はありません。ガイドラインには、納体袋は非透過性のもので体液が漏出しないようにすること、飛沫が出ることはほとんどないので接触感染に注意すること、距離を取りマスクや手袋で接触には細心の注意を払うことと記載されています。確かに得体のしれない感染症であれば、遺体の搬送や火葬に従事する人も怖いでしょうが、2年以上経ち、オミクロン変異を経て毒性が低下し、第7波では至るところにウイルスが存在している状況なのですから、このやり方は過剰です。実際の運用は自治体によって異なり、当地ではさほど厳しくありませんが、今でも火葬場が空くまで病院で遺体を待機させ、特殊車両を用いて搬送し、直ちに火葬する自治体もあります。そのために20万円以上の余分な費用が発生することもあり、自治体によっては補助制度もあるそうです。

 死を弔うのは残された者のためです。ある哲学者は祟りを恐れるからだと述べていました。現代ではあまりピンとこないかもしれませんが、歴史を見ると納得できます。ベッドサイドの千羽鶴を見ると、その時間を使って患者さんをさすってあげるほうがいいのにと私は思います。死に目に会うかどうかより、意識があるうちに水を飲ませてオムツを変えてあげれば、残された者にとっても大事な思い出になるのにとも思います。私は薄情な人間ですが、普通の人にとって、近親者の死にどのように向き合ったかということが非常に大きな問題であるということは理解しているつもりです。死ぬ前にコロナが陽性になったという理由で、面会できないだけでなく、身体に触れることや耳元で話しかけることさえもできないというのはあまりに理不尽です。私は最大限の注意を払って、最後の別れが出来るように配慮しました。ルール違反があったかもしれませんが、現在行われているやり方が、感染予防のために正しいとは思えません。ルールは感染予防の手段のはずですが、ルールを守ること自体が目的になっているような気がします。これもまたゼロリクスが招く悲劇です。科学的な目と情を持った医者でありたいと思います。


menu close

スマートフォン用メニュー