新庄徳洲会病院

menu

<

掲載日付:2022.01.14

Vol.235 無症状の人は検査不要!

 予想より少し遅くなりましたが、1月になり始まった新型コロナの第6波は、陽性者の増加速度が早そうです。重要なことは医療を要する患者がどの程度いるかですが、相変わらずマスコミは陽性者を感染者と呼び、連日「感染者〇人!」と騒いでいます。オミクロン株が医療にかける負荷が弱そうなことは、南アフリカで入院率が4.5%とデルタ株の1/5以下で、入院した患者や死亡者の実数も減少していることからも明らかで、WHOも認めています。1月3日に厚生労働省が発表したデータによると、我が国の空港検疫で確認された新型コロナのオミクロン株の陽性者150人では、無症状死者が80%以上占め、有症状者も発熱・咳・喉の痛み程度です。

 オミクロン変異はこれまでとは異なり、旧型コロナウイルスの特徴を多く受け継いでいることがわかっています。血管の受容体に結合することが少なく、鼻や喉などの上気道で感染が起こりやすいので、カゼ症状が圧倒的に多く、重症化することが少ないことも科学的に説明可能です。ところが、我が国では重症化率が低くても感染率が高ければ医療は逼迫するので、これまで通り人流抑制とマスク着用などの感染予防対策を訴え続けています。1月9日には広島・山口・沖縄の3県でまん延防止等重点措置が適用されましたが、11日現在の重症者は、広島は2人、山口は1人で、独自基準の沖縄ではゼロという状況です。また、軽症または無症状者の割合は各地で90%以上と見積もられています。しかし今回の重点措置では、酒類を提供しないよう知事が要請できるなど規制は強化されています。全国高校サッカー選手権で陽性者が出たチームが準決勝で不戦敗となりましたが、有症状の選手が多く出たわけではなく、感染のリスクの低い屋外競技で、たとえ感染しても軽症なことが多い若者への措置としては明らかに過剰です。

 さらに心配なのは、全国的にPCR検査や抗原検査が無料で受けられるようになったことです。感染力の強さを考えると、これまで以上の陽性者が出ることが予想されますが、2類感染症のままでは、第5波以上に保健所の負担が増え、本当に医療を必要とする少数の人が多数の軽症者や無症状者に埋もれてしまって、救えるはずの命が失われてしまうことはすでに学んでいるはずです。我々は2年間で何を学んだのでしょうか。無症状の人が検査を受けるデメリットはメリットを遥かに上回るはずです。毎年、1000万人以上がインフルエンザに感染し、風邪を含めると全体では数千万人がウイルス感染症に罹りますが、医療が崩壊したことは一度もありません。つまり普通に対応すれば特別なことをしなくてもよいはずです。

 この期に及んで首相は、水際対策の継続と検査の拡大を「しっかり」やりますと表明しましたが、政治家が厳しい規制を行うのは、国民が支持するからです。感染が拡大時に、GoToキャンペーンを行った菅前首相は酷評されましたが、岸田内閣の支持率は上昇中です。おそらく首相も私が書いた程度のことはわかった上で、「様子を見ながら徐々に変更する」という道を選ぶのでしょう。方針を変え始めた自治体の首長もいるので、国民の考えが変わればよいのですが、それに強い影響力を持つマスコミの最大の関心事は、視聴率を始めとする大衆の注目度です。結局は民度が上がるしかないのでしょうか。今、国がやらねばならないことは、医療が必要な人に提供できる体制を維持することで、その他は優先順位が低いことを首相と担当大臣と分科会代表が説明すべきです。異論はたくさん出て、マスコミは揚げ足取りに励み、専門家も結果責任を回避するように振る舞うでしょう。亡くなった人を生き返らせることはできないのだから、人の生命が関わる問題では結局のところ誰も責任など取れません。だからこそ一人でも多くの人が当事者意識を持ち、自分にも責任があるという態度を示すことが大事なのだと思います。

掲載日付:2022.01.05

Vol.234 前期高齢者目前、肉体改造に挑戦

 昨年の5月下旬に体重計が79.5キロを表示しました。医者になったときには72くらいでしたが、食の不摂生と運動不足から最高88に、逆に40歳を過ぎた頃にはひどい抑うつ状態で68まで痩せたこともありました。ここ数年は73前後でしたが、久しぶりに80の大台が見えました。肥満患者の体位変換などで医療従事者が苦労しているのを見ているので、あと1年余りで前期高齢者に仲間入りして、患者になる可能性も高くなるので、減量しようと一念発起しました。

 私の場合、体重増加の原因は食べすぎ、それも医局に常備されている菓子類であることは明白でした。心優しき医局秘書さんが毎日せっせと用意してくれるのを、食べてしまう卑しさが災いしているのです。それを断ってしまえば70台前半にはなるだろうと思いましたが、それだけでは面白くないので、脂肪を減らすだけではなく、今回は運動をして筋肉を増やしてみようと考えました。10年以上前からNHKのテレビ体操はほぼ毎朝欠かさず続け、病院内ではほとんどエレベーターは使わずに階段を使っていますが、1年以上前から昇るときに膝に強い痛みを感じることが多くなってきました。数年前まではできた「一段抜かし」など夢物語です。これからの下り坂の人生を、身体を持て余すことなく生きていけるように肉体改造を6月1日から開始しました。

 まずは食生活の改善です。私は早朝に出勤して病院で朝食をしっかりと摂っていましたが、いい歳になったので、甘酒入りヨーグルトだけにして、それ以外の朝食(納豆・卵・チーズなど)と野菜スープと少なめの炭水化物を昼に食べることにしました。昔から朝食を重視していたので抵抗はありましたが、日本人の大部分が1日3食の生活ができるようになったのは明治時代で、成長期の若者には朝食が重要でしょうが、飽食の時代の高齢者に3回の食事は不要と考えました。食べない時間を決めたことで間食は1/10以下になり、昼には空腹を感じる様になりました。夜は制限無しで、時にはジャンクフードも可とし、特定の食品に執着したり極端な糖質制限はしませんでした。体重は徐々に減り幅が増え、4ヶ月で9キロ減少し、その後も変わりません。

 次は運動です。運動の基本は歩くことだと今でも思っていますが、愛犬が死んでからは天気の良い休日くらいしか散歩はしなくなりました。定期的にジムやプールに通うのは不純な動機でもない限り私には無理です。運動機器を購入しても長続きしませんでした。そこで天気や昼夜の別なく、自宅や医局の狭い場所で、道具を使わずにできる筋トレをすることにしました。毎朝のテレビ体操は続けながら、朝は医局で夜は自宅で、踵落としとスクワットから始めてみました。その後は立位でする腹筋と背筋の運動を加え、主に体幹と下半身の筋肉の増加を目指しました。運動の合間にはストレッチも加え、1日40分程度の筋トレを試行錯誤しながら続けています。

 体重が減ると動くのが楽になりましたが、予想外だったのは筋トレの効果です。一番の変化は膝の痛みがなくなったことです。階段で痛みのために立ち止まることは全くなりました。その他、肩こりは3割減、腰痛も2割減です。体を支える力が増したせいか、しっかり歩けるようになり、歩幅も伸びたようです。お腹は引っ込み窮屈だったズボンにも余裕ができ、数年ぶりにジーパンを買いました。その代わり皮膚がたるみ、顔もシワが目立つようになり老人らしくなりましたが、それも悪くありません。自然に抗うよりも受け入れようと思います。我々の最も身近にある自然は己の肉体です。自然を感じるために大自然に身を置くのもよいでしょうが、己の肉体がどう感じているかを感じられるようになりたいと思っています。学生時代には苦痛でしかなかった筋トレですが、スクワットをすると太ももが喜んでいるように感じるようになりました。

掲載日付:2021.12.09

Vol.233 ゆく年は多死の年、くる年は?

 昨年は前年に比べて死者数が減少しました。それまでは10年連続で前年より3200〜56000人程度、10年で約18万人増加しましたが、昨年は一昨年に比べて8338人も減少しました。これは新型コロナで死者が増加している中で、世界的にも極めて異例のことでした。表現は悪いですが、今年は昨年死んでもおかしくない高齢者が増え、その反動で死者数が昨年より3〜4万人くらいは増えるのではないかと考えられていました。ところが予想を大きく上回りそうです。11月25日に厚生労働省から発表された人口動態速報によると、9月の死亡者数は115706人で、前年同月より8238人も多く、1月から9月までの累計で、すでに59810人も増えています。昨年10月から1年間の数字をその前の1年間と比べると、その差は更に開いて68506人になります。このままのペースが続けば、昨年より7万人程度増加する可能性があります。東日本大震災があった2011年は、前年より5万6千人以上増加したのですが、それを凌ぐ勢いです。

 9月末までの新型コロナの関連死亡者数は14000人余りで、前年に比べ4倍以上のペースで増えましたが、この増加を説明することはできません。死亡統計が出るのはまだ先の話ですが、日本総研の調査によると、今年の死者数の増加に最も寄与したのは「老衰」で、それに次ぐのが新型コロナです。新型コロナ以外の呼吸器疾患(肺炎など)は逆に減少しており、その他では「循環器疾患」の増加が目立ちます。正確な数字が出るのは来春になるでしょうが、今年は死者が増え過ぎた年になることは間違いなさそうです。東日本大震災のような大規模災害はなかったのですから、昨年末からの我々のコロナ対応の影響と考えるのが妥当です。

 新型コロナによる医療崩壊のために新型コロナ以外の病気で亡くなった人はいたでしょうが、それが数万人いるとは思えません。ワクチンの影響は何とも言えませんが、新型コロナ対策に伴う行動変容が最も大きな要因でしょう。人の動きが減り、経済が停滞し、肉体的にも精神的にも高齢者の衰弱が早まった可能性が高いと思います。肉体の衰えは、循環器系の機能を落とし、骨折を増加させ、老化を早めます。認知症は、進行すると食事ができなくなり死に至る病です。ステイホームがもたらした弊害は、効果を大きく上回った可能性があります。私は、新型コロナから受けた社会の影響を、「コロナ騒動」と呼んできましたが、その理由は医学的な重大性より遥かに大きな影響を社会に及ぼしていると思えるからです。

 毒性不明のオミクロン株の出現をマスコミは待ってましたとばかりに騒ぎ立てています。第5波の中心となったデルタ株は、感染力が非常に強かった割に、被害の大きかった大阪府のデータでも、死亡率は1/10以下、重症化率は1/3以下になっています。これをワクチンだけのおかげと考えるのは接種のタイミングからは無理があります。病原ウイルスは、感染力が強く、毒性が弱くなる変異を遂げたものが生き残りやすいことは、これまでも言われており、この変化は極めて自然です。被害が大きくなったのは医療体制の整備が遅れたからです。ということはオミクロン株も、感染力は強くなる可能性がある一方で、毒性は免疫状態の違いに左右されるので一概には言えませんが、日本人にとって更に弱くなる可能性は十分にあります。人間が余計なことをするほうが複雑な変異を引き起こすのではないかとさえ危惧します。実際に、オーストラリアの首席医務官は、オミクロン株が他の株と比べて致死性が高いことを示す証拠はなく、実際はその反対かもしれないとの認識を示し、多くの国で300を超える感染例が診断されているが、全てが非常に軽症か無症状だったと述べています。年明けには2類感染症の見直しの時期が来ます。一刻も早く新型コロナを通常の感染症とすることが、余分な死者を増やさない第一歩だと思います。


menu close

スマートフォン用メニュー