医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院

menu open

院長の偏屈コラム/病院ブログ 院長の
偏屈コラム
ブログトップ

新庄徳洲会病院 院長の偏屈コラム/病院ブログ


掲載日付:2024.05.09

Vol.279 例の本を読んでみました

 以前のコラムでも取り上げましたが、出版中止になったアビゲイル・シュライアー著『あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇』が、「トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽る流行の悲劇」として産経新聞出版社から発刊されました。本文は300ページを超え、本体価格も2300円ですが、タイトルもよりわかりやすくなりました。産経新聞出版社に感謝しつつ、発売早々に購入して読んでみました。

 まず感じたのは比較的読みやすい日本語になっていることです。翻訳書には内容の難しさとは別に、翻訳過程で文章に違和感が生じやすくなります。私も1冊だけ研修医向けのマニュアルを翻訳しましたが、英文で理解できても、日本語表現がうまくいかず苦労しました。また、本書は複数の翻訳者が担当しているので、単語や文体が統一しにくい問題も生じたはずです。このような問題が解決できたのは、監訳者の岩波明氏が、専門分野も似通っているベテランの精神科医である事に加えて、翻訳者間の意思の疎通を十分にとった証でしょう。

 あるネット番組で聞いた話ですが、海外在住経験の長い日本人の女性学者が、東南アジアのアメリカンスクールに10歳くらいの娘さんを通わせていた際に、欧米の同級生のすべてがLGBTのどれかに属していると言い、「あなたは?」と尋ねられました。彼女は賢明にも「よくわからない」と答えたそうですが、少なくとも数年前には欧米の知識人の子女の間では、少女が少年に興味を示すことは「ダサい」と思われていたのです。その話には衝撃を受けましたが、本書の内容は予想以上に米国での「性自認」が社会に大きな影響を与えていることがわかります。多くのトランスジェンダーの少女とその家族、トランスジェンダーを推進する活動家やそれに迎合する教師や医療関係者、それに対抗する人たちに取材を重ねた末の力作と言えます。

 LGBTと言っても性自認の先進国では、同性愛はダサいもので、トランスジェンダーこそがかっこいいとされています。女性を好きな女性はレズビアンではなく、トランス男性であるということです。「青色が好きなあなたは本当は男なのよ」と女児に教えるということが現実に起こっています。このような現象が流行して少女たちに伝染した結果、これまで圧倒的に少なかった思春期の少女のトランス男性化が過去十数年で数十倍になりました。思春期には身心が不安定になりますが、特に女性は感受性が強いので周りで起こったことを自分の中に投影しやすく、そのためか投身自殺したアイドルの後を追い、太っていないのに神経性無食欲症になるのは圧倒的に女性です。この時期に自分の性別に違和感を持つのは珍しくないでしょうが、心身の不調のすべての原因を「性別違和」とする風潮がトランスジェンダーになりたい少女を造っているのです。

 本来、性別違和は症状なのですが、病名になってしまい、しかも予防や治療する精神疾患とは捉えずに、学校や医療従事者が無責任に患者の言う事を聞き入れ、思春期ブロッカーと呼ばれる女性ホルモンが働かなくなる薬や、男性ホルモンを安易に投与し、乳房を切断する手術にまで誘導しているのです。「性自認」の流行は、かつての「聖子ちゃんカット」や「ルーズソックス」とは次元が違うのです。教育者や医療従事者が、特定の政治的な意図を持つ活動家に扇動された患者の言いなりになることは論外です。我が国でも今後このような現象が起こる可能性はあると考えるべきです。未来ある若者に危険な「性自認」を推進するLGBT理解増進法を成立させた国会議員の先生方におかれましては、どれほどご理解が進んでいるかは存じせんが、高額な給料でも裏金からでも2530円を捻出してこの本を購入しご一読してくださいますようお願いします。

掲載日付:2024.04.16

Vol.278 紅麹からコレステロールについて考える

 小林製薬の機能性表示食品である「紅麹コレステヘルプ」による健康被害で死者が出たということで、消費者庁は使用中止を呼びかけ、会社は自主回収を行っています。今のところこの食品と健康被害の関連は不明で、「プベルル酸」が原因物質かどうかもわかりません。結論が出るには数ヶ月以上かかると考えられています。発売以来数年が経過して突然このようなことが起こったことを考えると、製造過程で何らかの物質が混入した可能性もありそうです。特定保健用食品(トクホ)が、有効性と安全性について国が審議し、消費者庁長官が許可を与えるのに対して、機能性表示食品は、有効性や安全性の根拠に関する情報を消費者庁に届けて、事業者の責任で機能性を表示すればよいので、かなりゆるいものと言えます。

 この食品は特に悪玉コレステロールを下げると宣伝しています。一般にコレステロールは低いほうがよいと思われていますが、人体の細胞やホルモンなどの原料となる必要不可欠な物質です。善玉と悪玉という分け方にも問題があります。コレステロールは食品から摂取するものと体内で合成されるものとあり、前者が増えると後者は減ってバランスを維持します。悪玉コレステロールの本名は、低濃度のリポタンパク質(LDL)によって、肝臓から全身に運ばれるLDLコレステロールのことです。これは体内で大事な働きをするのですが、増えすぎると輸送途中に血管内に溜まって動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあるので悪玉と呼ばれていますが、それは一部の過剰なLDLコレステロールなのです。それに対して善玉は、高濃度のリポタンパク質(HDL)によって過剰なコレステロールを全身から肝臓に戻すので、動脈硬化を防ぐ働きがあるためこのように呼ばれています。人間には善人と悪人がいますが、コレステロールに善悪はなく、誤解を招く表現です。健康診断で分類している国はほとんどないようです。

 健康診断でコレステロールが基準値を超えた人にはすべて、薬が必要というわけではではありません。そもそも基準値は健康な若者から算出されることが多く、高齢者に無条件に当てはめるべきではありません。日本動脈硬化学会では悪玉が140以上、善玉が40未満で脂質異常症と定義していますが、多くの医療機関では220以上になると病気に分類されます。確かに日本人で260以上の人は死亡率が高いという調査がありますが、その調査で死亡率が最も低いのは220〜259のグループです。また日本の別の調査では、心臓病による死亡率が高いのは、LDLコレステロールが男性で140以上のグループだけで、総死亡は全てのグループで差がありませんでした。さらにコレステロールが低いと脳卒中・心臓病・がんによる死亡が多いことが自治医科大学からの論文で指摘され、同様の報告は海外でも見られます。

 脂質異常症の治療薬として代表的な「スタチン」と呼ばれる薬は、1973年に遠藤章東京農工大学特別栄誉教授が青カビが作り出す物質が血液中のコレステロールを下げることを発見したことがきっかけで開発され、過去30年間で世界で最も使われたと言われています。米にカビを混ぜて発酵させた紅麹から作った食品にコレステロールを下げる働きがあっても当然かもしれません。検診でコレステロールが高いと言われた人が、医療機関にかかるのは面倒だし、健康食品を試そうという気持ちはわかります。そういう人をターゲットにした食品は他にも数多くあります。しかし、少なくとも日本人で本当にコレステロールを下げる薬を使ったほうが良い人は、実際よりもかなり少ないはずです。無駄な医療や無駄な健康食品が数多くあることは知ったほうがよいのですが、そのような無駄を省くという考え方が健康や命に関してはできないのが現状です。身体にいいものばかり摂っていると、身体を壊すことは少なくないのです。

掲載日付:2024.04.01

Vol.277 宝くじではギャンブル依存にならないか?

 メジャーリーグの大谷選手の専属通訳が、違法なスポーツ賭博で球団から解雇されたことが話題になっています。彼は「ギャンブル依存症」と認めているようですが、これは我が国でも社会問題となっています。厚生労働省は、特定の何かに心を奪われ「やめたくても、やめられない」状態になることを依存症と定義しています。依存性の高い物質や行為によって脳内にドパミンという物質が増加し快感が得られるだけでなく、ドパミンがなくなると不安や不快が強くなり、異常な行動に走る精神疾患の一種です。大事なことは原因となるものに関わらないことと、なってしまったら早めに治療を受けることで、一時的な金銭援助や厳罰では問題は解決しません。

 対象としては、アルコール・薬物・ギャンブルが代表的ですが、最近では若者を中心としたゲームも増加しています。ギャンブル依存というと、我が国では競馬・競輪・競艇などの公営競技やパチンコが対象となるイメージが強いのですが、意外なことに宝くじも原因になることが少なくないようです。宝くじは、非常に身近で人目をはばかることなく購入でき、人気タレントを起用したコマーシャルの影響もあり、悪いイメージもありません。宝くじを買ったことがある人は、60%以上という調査もあります。誰もがのめり込みやすいものです。久里浜医療センターの調査では、依存症の問題を抱える人が過去1年間に行ったギャンブルでは、パチンコについで2位です。パチンコは、ギャンブルではなくゲームというのが国の見解ですが、実際は宝くじと同様に気軽にできる博打で、掛け金の総額では群を抜いています。

 私はギャンブルには興味がなく、宝くじも買うことはありません。理由は、儲かる確率があまりに低く、当選が完全に偶然で決まることに魅力を感じないからです。販売所に「1等が出ました!」という張り紙がされているのを見かけますが、大当たりが出やすい店があるとすると、くじ自体がイカサマであることになります。宝くじが買った人に戻る割合(還元率)は、約47%です。例えると、総額100億円の宝くじを全部買い占めても、得られる賞金は47億円しかないということです。公営ギャンブルは70〜80%で比較的良心的ですが、これも海外のカジノが90%以上あることを考えるとずいぶん低いことになります。宝くじの収益の約37%は公共事業などに使われますが、公共事業は国や自治体の予算で行われるべきものです。散々税金を取った上に、さらに一攫千金を求める人から巻き上げているとしか思えません。

 日本では江戸時代に「富くじ」として始まり、寺の改修費に使われていましたが、江戸中期には禁止され、その後も行われることはありませんでしたが、昭和20年の終戦間際に戦費調達のために、「宝くじ」の名が使われました。戦後は復興資金として政府が行いましたが、その後は自治体が中心となり、オリンピックなどの国家的行事への協力の名目で行われ、高度経済成長とともに賞金も高額になりました。宝くじに限らず我が国のギャンブルには後ろ盾となっている管轄官庁があります。宝くじは総務省、競馬は農林水産省、競艇は国土交通省、競輪とオートレースは経済産業省、スポーツくじは文部科学省、そしてパチンコ・パチスロにはなぜか警察庁がついています。当然、ギャンブル業界は、管轄庁の役人の天下り先になっています。国とメディアが後ろ盾になって博打を推奨して、国民から金を巻き上げ、ギャンブル依存を放置している現状は憂うべきです。海外のカジノは一般社会と隔絶しているようですが、これを統合型リゾート(IR)として都会の真ん中に作る計画には反対です。ギャンブルは、厳格なルールのもとに民間が行う方が健全だと思います。パチンコ業界から北朝鮮に多額の資金が流れていることを日本人は忘れてはいけません。このような現実は中学校で教えたほうがよいと思います。


menu close

スマートフォン用メニュー