医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院

menu open

院長の偏屈コラム/病院ブログ 院長の
偏屈コラム
ブログトップ

新庄徳洲会病院 院長の偏屈コラム/病院ブログ


掲載日付:2020.01.04

Vol.175 沢尻さんを批判するよりも大事なこと

 有名芸能人が違法薬物を使用して逮捕されると、ワイドショーや週刊誌は大喜びで特集を組み、集中砲火を浴びせて、さながらリンチの様相を呈し、厳罰を望む声が多く聞かれます。彼らは、薬物依存症という病気であり、彼らに必要なのは懲役ではなく治療です。刑務所に入ると薬物は使用できなくなるので、いったんはよくなりますが、出所後には逆戻りすることが多いのです。大事なことは、薬物との縁を切るために、専門的な治療を受けることです。厳罰が必要なのは、違法薬物を売りさばいて金儲けをしている輩です。

 大河ドラマの女優さんが逮捕されたと言って、その存在を消すために、わざわざ代役で撮影をし直すというNHKの方針は、一部のクレーマーをかわす小賢しい態度に見えます。芸能人やスポーツ選手はその分野の能力で評価されるもので、その主義主張や人間性は二の次であり、まして病気だからという理由で排除されるのは如何なものでしょう。コマーシャルに出演している人が逮捕されて、企業のイメージを損ねたときには賠償はする必要があり、現在進行中のドラマの降板も止む得ないとしても、スポンサーのないNHKが受信料収入と時間を費やしてまで撮影し直す必要があるのでしょうか。ドラマの再放送や映画の上映が中止されるのも理解できません。そもそも依存症は誰もが陥る可能性があるのです。若くしてスポットライトを浴びたかと思えば、些細なことでバッシングを受ける、そんな浮き沈みの激しい毎日を、健全な精神を保ちながら生きられることのほうが特殊だと思います。

 厚生労働省の定義では、依存症とは特定の何かに心を奪われ「やめたくても、やめられない」状態になることで、薬物やアルコールなどの「物質への依存」と、ギャンブルなどの「プロセスへの依存」があります。前者は、物質の摂取を繰り返すことにより、以前と同じ量や回数では満足できなくなります。後者は特定の行為に必要以上にのめり込んでしまいます。依存症は身体や精神を損なうだけでなく、金銭トラブルや人間関係の破壊を招くことが少なくありません。

 厚生労働省の厚生労働科学研究費補助金による「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」という研究報告書の2018年版によると、薬物を乱用して急性中毒や依存・精神障害などの治療を受けた患者は、2ヶ月間で2609人に上ります。単純計算すると年間15000人以上になります。原因薬物の半数以上が覚せい剤ですが、医療機関で処方される睡眠薬・抗不安薬とドラッグストアで市販されている風邪薬や鎮痛剤を合わせると全体の1/4を占めます。これらの薬物は違法ではなく、身近な合法的な薬物依存がかなりあるということです。

 医療費を抑制するために、軽症のときは医療機関を受診せず市販薬を使用するように推奨した結果、ドラッグストアは増加し、インターネットでも簡単に手に入るようになりました。大量の風邪薬を購入して、過剰に服用することは容易なため、10代の依存症患者の原因薬物は、市販薬が他を圧倒して4割を占めています。覚醒剤は幻覚や妄想が多いのに対して、「やめられない・止まらない」状態になりやすいのも市販薬の特徴です。ある専門家は、10代の市販薬乱用・依存患者は、辛いときに周囲の人に相談できず、薬で困難を乗り切ろうとする人たち、言い換えれば、安心して人には依存できず薬にしか依存できない人たちと表現しています。逆に言うと、人に依存できる環境づくりが、治療には不可欠であるということです。

 もう一つの合法的な薬物依存である睡眠薬・抗不安薬については次回に触れてみます。

掲載日付:2019.12.05

【山形】「最新」と「最善」を間違ってはいけない‐笹壁弘嗣・新庄徳洲会病院院長に聞く◆Vol.3

山形県新庄市にある新庄徳洲会病院は、最上医療圏で唯一の民間病院として、急性期から慢性期までを担当している。最上医療圏で徳洲会の理念「生命だけは平等だ」をどう実現していくのかなどについて、新庄徳洲会病院院長の笹壁弘嗣氏に話を聞いた。(2019年10月8日インタビュー、計3回連載の3回目)

――徳洲会の理念「生命だけは平等だ」を地域医療で実現するにあたっての課題は何でしょうか?

 徳洲会はこの理念を達成するために「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指しています。「いつでも、どこでも、誰でも」はアクセスの問題で、「最善の医療」はクオリティの問題です。これにコストの問題も加えて、3つのバランスをとることが大事だと思います。

 日本は医療へのアクセスはいいですが、過疎化が進んでいくとアクセスは悪くなります。限界集落に住みつつ医療へのアクセスを求めるのは無理だと思います。コストについても日本はかなりうまくいっている方だとは思いますが、今後の医学の進歩によってコストは高くなってくるだろうなと思いますし、国民皆保険制度がだんだん崩れ、自由診療が入り込んでくる可能性はあります。

 クオリティについては、ものすごく難しいですよね。私は「最新」と「最善」を間違ってはいけないと思うのです。新しいことにみんな飛びつきますが、本当にそれは人を幸せにできるのかというのは、分かりません。もし素晴らしい最新治療があったとしても、それを誰にでも、何歳になっても適用していいのかという問題もあります。

 本当の「最善」とは何か。それは「いつでも、どこでも、誰でもが、ほどほどに医療を受けられる社会」と考えるのが現実的じゃないかと思うのです。アクセスをあまり落とさず、コストをあまりかけずに、とんでもなく悪い医療を受けないで済む社会を目指す、という価値観を共有した方が、制度の網目から落ちこぼれる弱者や貧者は減っていくと思います。ある程度の年齢になったら節度を持って「今の日本の医療レベルだとここまでできるけども、私は受けません」というような人がかなりの数出てくればいいのですが、かなり難しいだろうと言わざるを得ません。

 この地域で当院が徳洲会の理念をどうやって果たしていくか。それは、医療にアクセスできない人たち、他の病院から出て行ってくれと言われたような人たち、褥瘡まみれで見捨てられている人――そういう人たちを相手に、自分たちができることをやってあげることだと考えています。

――全国的にアドバンス・ケア・プランニング(ACP)を広げていく機運が高まっていますが、それについてはどう思われますか?

 言うのは簡単ですが、本当にACPを理解できる人がどれだけいるか。死ぬということを真面目に考えている人はどれだけいるのでしょう。私はものすごく少ないと思います。表面的な見方しかできていないと思うのです。

 私はこんな経験をしています。確かALSの患者さんだったと思いますが、呼吸がだんだんできなくなってきたときに、気管切開を勧めました。しかし、その患者さんはやりたくないと言い、そのまま亡くなられました。本人の意思は何度も確認しましたし、家族にも言葉を尽くして、本人の意向を伝えました。トラブルは特に起こっていませんし、自分は間違ったことをしたとも思っていません。

――その方自身が望んだ逝き方ができたのですね。

 それが、実はよくわからないのです。彼は呼吸ができなくなることがどういうことなのか、本当に分かっていたんだろうか。私は、喉に餅を詰めた時の呼吸困難についてはイメージとして分かるのですが、神経難病で呼吸ができなくなる時のことは、正直言ってよく分からないです。彼は適切な判断を下したのか? でも、あの状況で本人の意向を無視して気管切開するのは倫理に反することだと思います。

 もし自分が神経難病になった時にどのタイミングで安楽死を選ぶか、どれぐらいの延命処置を望むかというのは分からないです。医師であっても、自分がどういう状況になった時にどう思うか、今から予測できない。そう考えると、ACPはそんなに簡単なものじゃないですよ。本当に難しい問題です。

 それでも「分からないけども自分はこうする、そのことに対して自分が責任を取る」という覚悟がないと医師免許の価値はないと思うのです。それだけの覚悟がなければ、人の生き死に携わるべきではない。今のところは責任を持って医師をやるつもりでいます。



新庄徳洲会病院院長の笹壁弘嗣氏(右)と事務長代行の秋本浩二氏(左)


◆笹壁 弘嗣(ささかべ・ひろし)氏

宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)を1984年に卒業し、天理よろづ相談所病院、茅ヶ崎徳洲会病院、千葉徳洲会病院、羽生総合病院などを経て、2005年より新庄徳洲会病院に入職し、現在に至る。日本外科学会専門医。

掲載日付:2019.12.05

【山形】「敗戦処理はエースの仕事」‐笹壁弘嗣・新庄徳洲会病院院長に聞く◆Vol.2

 山形県新庄市にある新庄徳洲会病院は、最上医療圏で唯一の民間病院として、急性期から慢性期までを担当している。最上医療圏における医療人材の確保やメディカルスタッフの活用などについて、新庄徳洲会病院院長の笹壁弘嗣氏に話を聞いた。(2019年10月8日インタビュー、計3回連載の2回目)

――新庄徳洲会病院は「徳洲会の中でも1、2を争う人材不足」とのことですが、人材の確保についてはどうお考えでしょうか。

 当院の職員数は約300人で、このうち医師は常勤が5人、非常勤が約5人(常勤換算数)です。とても足りているとは言えませんが、そもそも徳洲会全体が医師不足ですし、そのうえ山形県の医師配置は独自のシステムで、蔵王協議会が調整しています。ですから、大学などに医師の派遣を直接依頼することができません。最上医療圏は山形県の中でも一番のへき地ですし、なかなか来たいと思っていただけないのが現実です。こんな状況のなか、4~5年前に研修医時代の同期が来てくれたことは非常に有難かったです。

 人材確保としてわれわれにできることは、60代で定年を迎えた職員に「隠居せずに一緒に仕事しようぜ」と声をかけていくことです。戦力として最も頼りになるのは彼らだと思います。また、週に1日でもいいから非常勤で継続的に来てくれる人たちで、うまくやりくりしていくしかないですね。「医師がいなくてもできる医療」をどれだけ追及できるかが鍵です。

――「医師がいなくてもできる医療」とは?

 例えば、褥瘡です。この地域にはひどい褥瘡の高齢者が見つかることが結構あるのです。寝たきりになって放置されていたりして、なかには褥瘡が直接の原因で亡くなられた方もいらっしゃいます。このような状況を見て、看護師から「なんとかしないといけない」という声が出てきました。それなら、ぜひやってくださいということで、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCナース)の資格を取り、特定行為の研修も受けてもらいました。

 それから10年ぐらい経ちますが、今ではWOCナースの八鍬恵美さんが完全に仕切っています。院内や施設などに出張に行って公演もしていますし、当院で一番アカデミックな人かもしれません。地域の褥瘡管理のレベルは彼女の力で上がっていると思います。すごくよく頑張ってくれていて、本当に立派です。



新庄徳洲会病院のWOCナースである八鍬恵美氏

 このように医師が不足している地域であっても、それなりに能力や熱意があって、責任感もあるメディカルスタッフがいるんです。この方々に活躍してもらうことが、地域医療を支える力になるはずです。

――メディカルスタッフの力を存分に発揮していけば、医師不足をカバーできると。

 そもそも、へき地で「最先端の医療ができます」というアドバルーンを上げるのはアンフェアだと思うのです。僕らの陣容でもできることを提供する、それが礼儀だと思います。ここで最先端の心臓の手術ができるようにしたって、年に何例あるでしょうか。それなら地域の高齢者が現実に困っていることをいかに手助けするかを考えた方がいいです。

 これからは多死社会ですよね。言い方が適切でないかもしれませんが、死にゆく人をどれだけうまく死なせてあげられるか。これこそ、今後の医療が避けて通れないことです。医療費の面からも、まずやらないといけないことは、過剰な医療を見直し、無駄な検査・薬・手術を止めることだと思っています。

 この地で医療を提供するということは、いわば「敗戦処理」のようなものです。地域が縮小していく、それは現実として受け入れるしかないですし、そのなかで自分ができることを考えていくしかありません。敗戦処理なんて誰もやりたくないですが、誰かがやらないといけない大事な仕事です。むしろ「敗戦処理はエースの仕事」だと思っています。私自身はエースではないと思いますけど(笑)。


◆笹壁 弘嗣(ささかべ・ひろし)氏

宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)を1984年に卒業し、天理よろづ相談所病院、茅ヶ崎徳洲会病院、千葉徳洲会病院、羽生総合病院などを経て、2005年より新庄徳洲会病院に入職し、現在に至る。日本外科学会専門医。


menu close

スマートフォン用メニュー