医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院

採用情報

採用情報

リハビリテーション科

リハビリテーション科へ入職希望される方へ

当院は急性期から慢性期まで幅広い層の患者様や利用者様と関わることが多く、疾患も多岐に渡るため、幅広い知識が身に付き、日々勉強になります。
リハビリテーション科は20代の療法士が比較的多く在籍しており、先輩にも気軽に相談できる環境になっているので、楽しんで働けると思います。
当院のスタッフは各々自分のやりたいことが明確になっており、それぞれの分野で全力で取り組んでいるので、何事にもまず挑戦する方を応援していきます。自分がやりたいと思ったことには是非挑戦してみて下さい。
新人の方も経験している方もすぐに馴染める職場であると思いますので、興味のある方は、是非一度見学にお越し下さい。

先輩の声

山形医療技術専門学校 理学療法士2年目

医療保険分野から介護保険分野まで 様々な対象者との関りがあります

リハビリテーション科写真1

私は当院に勤めて2年目を迎えました。当院は一般病棟や回復期病棟、療養型病棟があり、急性期から維持期までの患者様が入院されています。また通所リハビリや訪問リハビリも行っており、医療分野や介護保険分野のリハビリを経験することができます。入院患者様の多くは高齢者で、主に廃用症候群や脳血管障害、骨折など様々な疾患の方がいます。
入職当初は覚えることや勉強しなければいけないことがたくさんあり大変でしたが、その都度先輩方にサポートをしていただきながら、様々な経験を積むことができました。
理学療法士では週に1回定期的に勉強会を開催しており、知識や技術の向上を目指して取り組んでいます。職場の雰囲気は明るく、何でも相談できる環境が整っています。ぜひ、見学に来てみてください。

1日のスケジュール
8:00 出勤
→出勤後はカルテからの情報収集や業務準備を行います。
8:30~8:45 朝礼
→連絡や新患の振り分けなどを行います。
9:00~12:00 午前のリハビリ
12:10~13:00 昼休憩
13:00~17:00 午後のリハビリ
17:30 カルテ記入後、退勤。

山形医療技術専門学校 作業療法士2年目

1人で抱え込まず先輩がフォロー! 新人を全力でバックアップできる体制があります!

リハビリテーション科写真2

私は今年で入職から2年目になります。当院の作業療法士は入職初年度から脳血管疾患、呼吸器疾患、運動器疾患、廃用症候群などの様々な分野の患者様を担当します。入職したばかりの頃はまた右も左も分からず、仕事に対して不安を感じていることが殆どでした。
しかし当院のリハビリテーション科は明るく、気軽に相談できる環境が整っています。認定資格を含め様々な資格を取得している先輩方が多く、自分が何か迷っている事などがあると優しく、丁寧に教えて頂けます。当院は院内だけではなく、通所リハビリや訪問リハビリ、連携施設への研修・応援などにも参加することができます。幅広い分野を担当するため勉強・技術面では大変な面もあります。しかしその分知識や敬虔を身につけられることに加え、自分が見極めていきたいと思う分野でのスキルアップもできる職場です。興味のある方は是非一度見学に来てみてください。

1日のスケジュール
8:00 出勤 →出勤後はカルテからの情報収集や業務準備を行います。
8:30~8:45 朝礼 →連絡や新患の振り分けなどを行います。
9:00~12:00 午前のリハビリ
12:10~13:00 昼休憩
13:00~17:00 午後のリハビリ
17:30 カルテ記入後、退勤。

仙台医療福祉専門学校 言語聴覚士3年目 

働きやすく、学びやすい、中規模病院

リハビリテーション科写真3

当院の言語聴覚士は主に成人の音声障害・構音障害・嚥下障害・言語障害・他高次脳機能障害を担当します。当院は病床数270床と決して大きな病院ではなく、またリハビリテーション専門医も在籍しておりません。特に言語障害と摂食嚥下障害に関しては言語聴覚士が治療の中心となるため、勉強した知識や技術をダイレクトに現場に活かすことができます。
当院には歯科があるため、口腔の障害に対して専門医の協力が得られます。また、歯科医師の協力のもと嚥下内視鏡検査と嚥下造影検査を行っています。大病院と異なり、他部署との横のつながりが強いため、他専門職との連携がスムーズに行えます。リハビリだけではない多角的な知見やアプローチを学ぶ事ができます。
入職したての頃は勉強することがいっぱいで大変なこともありましたが、先輩がやさしく教えてくれました。まずは、一度見学に来てみてください。

1日のスケジュール
8:15 出勤 →出勤後はカルテからの情報収集や業務準備を行います。
8:30~8:45 朝礼。
9:00~12:00 入院患者様のリハビリ
12:10~13:00 昼食の嚥下評価や嚥下訓練
13:00~14:00 昼休み
14:00~17:00 入院患者様のリハビリ
17:05 退勤

教育・研修

新人教育プログラム

当院のリハビリテーション科では、プリセプター・チューターシップ制を導入しています。プリセプター制度は、新入職員に対して2~3年目以上の先輩職員(プリセプター)がある一定期間、マンツーマンで指導を行い相談しやすい環境を作ります。またチューター制度は、4~5年目以上の中堅先輩職員(チューター)を配置し、新人教育野フォローや仕事の仕方、学習方法、悩み事の精神面・生活面などの広範囲にわたり相談や支援を行います。

1年目は各々のペースに合わせて、整形疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心疾患、内部障害などの全般にわたり患者様を担当してもらいます。8月には担当患者8~10名、1日18単位を目標とします。また1週間の通所リハビリ、訪問リハビリの見学を実施し、在宅部門の業務理解や連携を考える場を提供しています。

リハビリテーション科の勉強会は下記の勉強会以外にも、月1~2回の各療法士部門勉強会、月1回PT・OT・ST合同勉強会、隔月リハビリ栄養勉強会があり、チーム支援型の体制をとっています。

教育スケジュール
業務目標 1日目標件数・目標 新人勉強会
4月 ・1日の業務の流れをつかむ
・科内の事務作業ができるようになる
免許取得後 2名 6~7単位 医療・介護診療報酬
接遇 電子カルテ入力
カルテ記載
物理療法
5月 ・評価、情報収集ができるようになる
・整形疾患の術後の離床を担当する
・松葉杖指導ができるようになる
4~5名 8~10単位 カンファレンス参加
松葉杖指導 移乗、介助方法
急変時対応とリスク管理
6月 ・臨床思考能力の向上
・病棟業務や患者の生活に合わせ治療スケジュールが組めるようになる
・退院調整ができるようになる
5~6名 12~14単位 BLS 退院調整会議参加
7月 ・治療時間のコントロールができるようになる
・患者の個別性の理解
・合併症のリスクと管理を考える
7~8名 16~17単位 嚥下と口腔ケア
科内症例報告会1
8月 ・ゆとりをもって18単位取得できようになる
・自ら問題意識をもって報告、連絡、相談する
・他部署との連携を考えて行動する
10名 18単位 科内症例報告会2

研修や応援業務への参加

 全国70余りの病院、北は北海道、南は九州沖縄まで全国に散在する徳洲会グループ病院への研修が可能です。全国規模の徳洲会だからできる研修制度で、自分のスキルアップのために他病院に行くことが可能です。また、各地域施設や離島病院への応援制度もあります。北国や南国の風土で人々の暖かさに触れながら綺麗な海を眺める、非日常的な環境の中で研鑽を積む事が出来ます。職場だけにとらわれず、様々な環境を経験することで大きく成長することが出来ます。

資格取得の取り組み

当院のリハビリテーション科では幅広く各分野の認定取得を目指します。知識向上のため、各種学会が開催する研究会にも参加します。 他にもグループ病院である強みを生かし、グループ開催の研修会や学会等にも積極的に参加しています。

資格取得
資格名
3学会合同呼吸療法認定士
認定理学療法士(脳卒中)
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
福祉住環境コーディネーター(2級)
障害者スポーツトレーナー
介護支援専門員

※過去も含む。

学会発表

  • 山形県理学療法士学術大会
  • 山形県作業療法士学会
  • 山形県公衆衛生学会
  • リハビリテーション・ケア合同研究大会
  • 回復期リハビリテーション病棟協会 研究大会

採用実績(出身校一覧)

山形県内 山形県外
山形県立保健医療大学 国際医療福祉大学
山形医療技術専門学校 東北文化学園大学
仙台青葉学院短期大学
仙台保健福祉専門学校
仙台医療福祉専門学校
仙台リハビリテーション専門学校

お問い合わせ

リハビリテーション科(日曜・祝日を除く8:30~17:00)
TEL:0233-23-3434(代表)

閉じる