新庄徳洲会病院

menu

<

掲載日付:2020.06.26

Vol.190 「使った、治った、だから効く!」に科学は勝てない

 新型コロナの治療薬として、5月7日にレムデシビルが申請から3日後という異例の速さで承認されました。一方、我が国で開発された抗インフルエンザ薬であるアビガン(ファビピラビル)は5月中の承認が見送られました。

 レムデシビルは、エボラ出血熱に対して開発された注射薬ですが、新型コロナに対して米国で緊急使用が認められたため、我が国でも医薬品医療機器等法に基づいて、申請からわずか3日で特例承認され、集中治療を要する重症者に対して用いることが可能になりました。保険適応ですが、今のところ患者の負担金はありません。効果を調べるために中国と米国で行われた比較試験の結果では、回復までの期間が、中国では差が見られませんでしたが、米国では、対照群15日に対して、レムデシビル群11日で、有効と判定されました。死亡率は両者ともに差が認められませんでした。有効ではあるけれど、劇的な効果は期待できそうにはありません。

 一方のアビガンは、ノーベル賞の本庶・山中の両先生も積極的に使用を推奨しており、山中先生はインターネットの番組で「首相の鶴の一声による承認」を求めていましたが、承認は見送られ比較試験の結果を待つことになりました。アビガンはインフルエンザに対する内服薬としてすでに承認されていますが、新型コロナには使用量も使用期間も異なるため、原則として新薬と同等の比較試験が必要とされます。動物実験で胎児への悪影響が懸念されたので、インフルエンザへの使用は積極的には勧められてきませんでしたが、これは使用者に注意を払うことで防ぐことが可能です。肝機能障害や腎機能障害などその他の副作用もさほど深刻なものはなさそうです。比較試験は6月中には終了予定ですが、対象は100例以下で、回復までの期間が主要評価項目です。おそらく、差が出るとしてもかなり小さく、統計学的に意味のある差とはならない可能性もあります。我が国では死亡者が少なく、死亡率には差が出ることはないでしょう。結果に関わらず早期の承認を求める声が多いようですが、私は科学の原則を守るべきと考えます。

 自国で用いる薬を自国で調べるのは当然ですが、すでに「いい薬」という評判が高いアビガンの有効性が証明できなかったときに、再度比較試験を行うことは難しそうです。試験に参加すると、アビガンが投与される確率は半分くらいですが、参加しなければ確実に投与されます。試験に参加すると費用は無料ですが、参加せずに使用した場合でも観察の対象とはなるものの、負担金は発生しません。このような状況で試験に参加する人がいるでしょうか。結局どこかの貧しい外国で、「日本の特効薬を半分の確率でタダで飲めるよ」と言い募って行うことにでもなるでしょうか。自らはリスクを引き受けず、弱者を利用する態度は、恥以外の何物でもありません。

 もう一つの懸念は、アビガンが承認されたら、抗インフルエンザ薬タミフルと同じ現象が起こるのではないかということです。早ければこの冬には新型コロナの迅速診断キットが普及し、外来で速やかに診断される(誤診は少なくないが…)ようになります。軽症者はもちろん無症状な濃厚接触者も、検査の陽性者はアビガンを希望するでしょう。また、検査に偽陰性が多いことを考えると、陰性者にも使用される可能性もあります。世界のタミフルの8割が我が国で使用されるという異常事態と同じことが起こるのではないでしょうか。しかもそれによって得られるものは、タミフル同様に罹病期間が少し短縮されるだけということも十分ありえます。感染した有名人が、「アビガンを使ったらよくなった。これはとてもよく効く薬だ。」というのは、科学の世界では最も価値が低いのですが、一般社会では最も強い説得力を持つことも確かです。

掲載日付:2020.06.16

Vol.189 ソーシャル・ディスタンスを考える

 高校卒業後、地元京都での2年間の浪人中、鴨川の堤防を自転車で予備校に通っていました。そこはカップルが等間隔に並んで座っていることで有名で、いつかは自分もと思っていましたが、地元の大学に合格できなかった私には、その機会は訪れませんでした。当時、カップル同士の距離は1.5mまでと言われていましたが、実際に京都精華大学の学生が卒業論文のテーマにして調べています。それによると、半数以上が1〜2mの距離でした。最近はやりのソーシャル・ディスタンス(社会距離)と同じですね。

 ヒトの対人距離は、1966年にアメリカの文化人類学者のエドワード・T・ホールによって、近い方から密接距離・近接距離・社会距離・公共距離の4つに分類されました。社会距離は、「相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間」とされ、1.2〜3.0mです。この距離を保つと新型コロナウイルスの飛沫感染が防げることから、一躍有名になりました。

 しかし、社会距離を保ってヒトが生きていくことは簡単ではありません。赤ちゃんは親などの庇護なしでは生きていけません。ヒトは数百年前に森から出て、捕食者である肉食獣と向き合うために多産で対抗しました。ヒトは毎年でも妊娠できますが、ゴリラやチンパンジーは子供が大人になるまでの数年間はメスが発情しません。ヒトは授乳期を過ぎてからも大人と同じものを食べるようになるまでに長い離乳食の期間があり、しかも脳が大きくなったせいで、大人になるのに10年以上の時間がかかります。つまり、たくさんの子供を長期に育てる必要が生じました。そのため、ヒトは家族より大きな共同体を作り、集団で多くの子供を育てるようになりました。共同体では、子どもは遊びながら成長し、密接距離で触れあうことで安心し、外界へも挑戦し成長してゆきます。子供に社会距離を長期間強いるのは、困難であるだけでなく、有害なのです。

 ヒトは介護が必要な高齢者も見捨てない道を選択しました。高齢者が介護者と社会距離を保つことは不可能です。たとえ介護を要さない自立した高齢者でも、そして普通の大人でも、社会距離をとって生き続けることは不可能です。私は毎日多くの高齢者と接しています。入院患者の回診ではできるだけ手で身体を触れるように心がけています。外来に定期通院する患者にはハグすることもあります。これは新米医者だった頃のI先生の教えが染み付いているからです。平成26年6月のコラムでも紹介したように、「触れる効果」は医療以外の現場でも証明されています。

 密接できるのは家族や恋人が主な対象でしょうが、現代社会ではそのような人に恵まれない人が増えているような気がします。歌の文句にもあるように、「悲しみに出会うたび、あの人を思い出す。こんなときそばにいて、肩を抱いてほしいと。」という気分になったことのない人はいないのではないでしょうか。この歌は中村雅俊の「ふれあい」というタイトルです。文字通り、触れあいたいというのは根源的な欲求であり、それがホモサピエンスの共同体を形成した原動力でもあるように思います。ヒトは多くのヒトと触れ合う集団でしか生きられない生き物です。社会距離をとれないときには、どうしたら感染のリスクを最小限にできるか、その答えはありません。接触機会が増えれば、必ず感染は増えます。被害を最小限にしながら、個別の状況でどのような方策が取れるかを試行錯誤するしかないと思います。感染者かどうかを簡単かつ正確に判別する方法がない以上、すべての人を感染者とみなすのが感染防御上は正しいのですが、その状況にヒトは耐えられない生き物であることも事実なのです。

掲載日付:2020.06.10

Vol.188 コロナとスポーツについて

 5月29日にサッカーJリーグの村井満チェアマンが、6月20日頃の再開を目指して、独自のPCR検査センターをJリーグ組織内に設置する方針を発表しました。内容は、2週間毎に選手やレフリーなどの関係者(1回あたり2300人以上)から唾液を採取してPCR検査を行い、陰性者のみが出場できるというもので、日本感染症学会のトップの先生方も深く関わり、世間からの評価も高いようです。今後は、野球でも行われる可能性が高いでしょう。

 4月1日号の「PCR検査も万能ではない」で表に示したとおり、感染者の少ない集団に対して新型コロナウイルスのPCR検査を行うと、陽性者に占める真の陽性者が非常に少なくなります。東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が、先月に東京都内の1000人に対して行った抗体検査では、7人(0.7%)が抗体陽性でした。これを都内の人口に当てはめると9万人くらい、全国に当てはめると約90万人の感染者がいたことになり、PCR陽性者の都内では18倍、全国では50倍以上になります。この検査は、最近話題になっている簡易キットを用いた定性的な方法ではなく、精密な機器を用いた定量的検査で調べたものであり、かなり信頼性は高いと思われます。抗体陽性者は過去に感染した人なので、現在進行形で感染している人はこれよりかなり少なく、0.1%を超えることは考えられません。

 仮に今回のJリーグの検査対象者1万人に感染者が0.1%いるとすると、感度70%・特異度99%の検査(最も高い精度と仮定)を行うと、真の陽性;7人、偽陰性;3人、偽陽性;100人、真の陰性;9890人になります。つまり、Jリーグが4回検査を行うと、7人の陽性者が見つかり試合から排除され、同時に100人の選手や関係者も「無実の罪」で排除されます。排除された選手はおそらく次の試合にも出場できません。これは選手にとってはコンディションを維持する上で大きなマイナスになるだけでなく、収入にも影響します。これが合理的であるというのが世間の評価ですが、私にはリスクに見合うメリットがあるようには思えません。また、このようなやり方が標準になると、財政基盤が脆弱なスポーツや一般のアマチュア競技にまで広げていくには国の補助が不可欠ですが、それは可能で必要なことでしょうか。

 私はオリンピックにも甲子園の高校野球にも興味のない人間です。人権を売り物にする新聞社が、一つの球場を聖地として祭り上げ、高校生を炎天下に走り回らせるのは虐待だと思いますし、「正々堂々」や「涙と感動」を利用した商業主義には憎しみさえ持っています。今回の騒動ではゼロリスクを求める世論の批判を恐れてか、中止が決定されましたが、大会方式を変更するチャンスとすることはできなかったのでしょうか。サッカーでも野球でも、運動選手は健康な人が圧倒的多数で、たとえ感染しても重症化する可能性は極めて低いはずです。発熱などの感染徴候のある選手を休ませることは当然ですが、注意するのは観客です。まずは無観客で始めて、その後は人数制限をして、マスクの着用を義務付け、拍手や手拍子に限定した応援など試行錯誤を繰り返して、重症者が出るかどうかを見ながら進めていけばよいのではないでしょうか。学校も同様で、感染者が出たら学級閉鎖や学年閉鎖や休校を考えればよいのです。

 先ずは締めることは理解できますが、締めっぱなしも突然緩めるのも危険です。暴論と言われるでしょうが、若者は冬が来る前に感染しておいたほうがいいとさえ思います。高齢者や基礎疾患のある人への接触を避けて、感染したら速やかに治療受け、わずかな犠牲は受け入れるのが大人の対応です。ゼロリスクを求めるのは子供の発想です。冷静に試行錯誤をしませんか。


menu close

スマートフォン用メニュー