新庄徳洲会病院

menu

<

掲載日付:2020.05.20

Vol.185 国会で福山さんに代わって聞きたかったこと

 5月12日の参議院予算委員会での、専門家会議の尾身茂副座長に対する立憲民主党の福山哲郎議員の質問態度が批判されています。態度はさておき、福山氏は、PCR検査が少なすぎて多くの感染者を見逃している、軽症や無症状の者も診断し隔離すべきだったと言いたかったようです。以前にも書いたとおり、PCR検査は感度が高くない(感染している人を陽性と診断できる確率がせいぜい70%)ので、感染している人が少ない集団に対して行うと、真の陽性よりも偽陽性が多くなるので有害無益です。無駄な入院が増えるだけでなく、入院したために本当に感染してしまうこともありえます。実際に、陽性者が入院して陰性となり退院した後で、再度陽性になって発症する原因の一つである可能性もあります。

 韓国や西欧諸国は、我が国の数倍から十倍程の検査を行っていますが、有症状の患者を一人見つけるために行っている検査数を比較すると、韓国よりは少ないですが、ドイツと同等で、イタリア・スペイン・イギリス・フランス・アメリカより多く、決して検査数自体が少ないとは言えません。福山氏の指摘するように、感染者数はPCR陽性者数よりもかなり多いと思いますが、我が国の場合、重症者や死者が非常に少なく、医療崩壊も起こしていないことを考えると、PCR検査をもっとやるべきであった理由は、東京以外ではあまりないように思います。

 死亡者数を都道府県別に見ると、東京都が2位以下を大きく引き離し、人口あたりの死亡者数は、大阪の4倍近くあります。東京の高齢化率は大阪より4ポイント以上低く、どう考えても東京の死者数は突出しています。ところが、PCR検査数は、大阪の3/4程度で埼玉に次いで3位です。人口が大阪の1.5倍であることを考えると、東京におけるPCR検査は少なすぎます。検査の基準は全国で統一されており、実際に大都市では保健所がパンク状態になり、基準に固執したために、適応なしと判断された患者の中には、新型コロナではないという保証がないと診察しないという病院から受け入れを拒否された人がいました。先日亡くなった大相撲の力士もその一人のようです。PCR検査は限界がある検査であるからこそ、大事なのは患者です。PCR陽性で無症状の人には、他の人と接することを控えること以外にすることはありません。このような人が病院に溢れそうな状況だから、都会では医療崩壊が話題になったのではないでしょうか。PCRが陰性でも症状の強い人は病院での受け入れが必要であり、入院する意味もあるのです。

 国立感染症研究所が5月4日に発表した「21大都市インフルエンザ・肺炎死亡報告」では、昨年後半から今年3月にかけては超過死亡(インフルエンザが流行したことによって、インフルエンザ・肺炎死亡がどの程度増加したかを示す推定値)は見られませんが、東京23区に限定すると、2月末から3月末に明らかに増加しており、その数は約100名程度と思われます。今年初めからインフルエンザは急激に減少していることを考えると、これが新型コロナによる死亡者という可能性も否定できません。

 国会で問うべきは、なぜ医師が必要と判断した状況で検査できなかったのかであり、なぜ東京の死亡者が多いのかです。医療レベルが低いということは考えられません。医療体制が不備であったか医療政策が間違っていたのでしょうか。病院や検査センターの監督官庁である厚生労働省と、大学の監督官庁である文部科学省との連携が取れていなかったのでしょうか。きっと尾身氏自身も言いたいことがあるはずです。そこを議論して改善しないと、次への備えなどできるはずがありません。

掲載日付:2020.05.12

Vol.184 ウイルスは見えないテロリストか?

 ノーベル生理学医学賞の本庶佑京都大学特別教授は、医療崩壊を招かないように緊急事態宣言を早く出すべきだという趣旨の発言を、4月3日のニュース番組でしていましたが、その冒頭で、「ウイルスとの長い闘いの歴史で人類は常に勝利を治めてきました。今回も間違いなく勝利いたしますが、多くの犠牲を払うことは間違いありません」と述べています。人類が自らの手で撲滅したウイルスは天然痘だけで、1980年にWHOが撲滅宣言をしたのをよく覚えています。インフルエンザはワクチンがあるにも関わらず、毎年世界人口の10〜20%が罹患し、300〜500万人が重症化し、25〜50万人が死亡します。我が国でも昨年は約1000万人が発病し、約1万人が感染に関連して死亡したと推定されています。2016年のWHOの統計では、総死亡5690万人中、細菌やウイルスをあわせた肺炎で約300万人、結核で約130万人、以前ほど騒がれなくなったエイズでも約100万人が死亡しています。インフルエンザやエイズは今回の新型コロナと同じウイルス性疾患です。この数字を見ると、ウイルスとの闘いに勝利してきたと言えるのか疑問です。

 新型コロナに対する治療薬が色々出てきましたが、すべて既存のもので、どの程度効果があるかはまだわかりません。有効な抗ウイルス薬ができても、ウイルスが変異して効かなくなることもあります。ワクチン開発も活発に行われ、年内には使用可能になるのではという話もありますが、新しいものはその効果だけでなく副作用の不安もあります。有効で副作用がなくても、どれだけ免疫が続くかも問題です。インフルエンザ程度の効果と持続期間という可能性は十分にあります。悲観的な見方かもしれませんが、劇的な効果をもたらす治療薬やワクチンが登場する可能性は高くないと思います。いったん感染は下火になりそうですが、冬の動向は予断を許しません。今シーズンのようにインフルエンザが減ればいいのですが、ダブルパンチになる可能性もなきにしもあらずです。

 結局のところ、我々は様々なウイルスと共存するしかないのです。「ウイルスとの闘いに勝つ」とか「ウイルスは見えないテロリスト」などの表現が目に付きますが、そもそもウイルスは我々が打ち勝たなければらならない敵なのでしょうか。ウイルスには人に害を加えようという意志はなく、感染した生物が死んでしまうことは、自らの生存環境を失うということになるのでメリットはありません。多くの個体に感染して広がり、できれば個体の遺伝子に組み込まれて、子々孫々に渡って同化した形で生き延びるのが最良です。感染した生物が多様性を獲得することで、有益なことさえあるのです。

 4月6日付の朝日新聞に青山学院大学の福岡伸一教授が以下ような趣旨のコラムを掲載していました。「ウイルスが感染する個体の細胞に接触すると、細胞の表面のタンパク質に強力に結合し、その後も細胞はあたかもウイルスを招き入れるような動きをする。ウイルスの起源は諸説あるが、高等生物から出たものであるという考え方が有力である。高等生物は雄と雌から受け継ぐことで多様性を維持してきたが、それを縦の変化とすると、ウイルスが感染することで新たな遺伝子を受け入れるという横の変化が生じる。さらに同種の個体からだけでなく、時にはブタからヒトへというような種を超えた情報の伝達も可能で、ウイルスは生命の進化に不可避なものと言える。」私には目からウロコのコラムでした。やはり人間社会を維持しながらウイルスと共存できる道を考えるほうが得策だと思います。

掲載日付:2020.05.08

Vol.183 若者から「不要不急」を緩めませんか

 私は人混みが大嫌いで休日はほとんど自室に引きこもっていますが、自粛が続く中、桜でも見に行こうかという気になり、天童市の舞鶴山公園に小雨降る中、車で出かけました。頂上近くの駐車場もガラガラで、散り始めた桜の花吹雪に囲まれ幸せな気分になりました。「不要不急」は耳にタコができるくらい聞かされましたが、芸術関係の仕事などは完全にその烙印を押されました。確かにギャンブルや飲酒はもちろんのこと、外食しなくても人は生きていけます。でも、人は必要不可欠なものだけで生きていけるのでしょうか。絵心のまったくない私が、20年以上前に東京でマティスの「ダンス」を観て心が震え、雪舟の水墨画を観て日本人に生まれたことを誇りに思ったことは今でも鮮明に覚えています。中島みゆきと出会わなければ私の人生は違ったものになっていました。うつ状態から脱出できたのは、吉田拓郎の曲や曽野綾子の本のおかげでした。

 医療を始めとする共同社会の土台となるものは、必要不可欠の仕事になるのでしょうが、今のところ新型コロナの診療に直接は関わっていない自分は、普段とあまり変わることのない毎日です。医療の危機が叫ばれていますが、危険な仕事で心身をすり減らしている医療従事者はほんの一握りです。新型コロナの診療自体は特別なものではないはずです。特別なのは、感染防御に多大な労力を要することです。その一方で外来も病棟も患者が減っている医療機関は少なくありません。「不要不急」の検査や手術が延期され、収支の心配をしている経営者も多いでしょう。今回の騒ぎで、本当に必要な医療は何なんだろうと考える機会になった医療者もいるのではないかと思います。医療に関する「賢い選択」の話を以前したことがありましたが、要するに無駄な医療を減らそうという運動です。カゼに抗菌薬、頭を打っただけでCT検査、腰が痛い人にはすぐにレントゲン、等などです。時間に追われて励んでいた仕事が、それほど必要ではなかったと感じた医者もいるでしょう。

 「不要不急」の選別は簡単ではありません。新型コロナとの付き合いが長期化することが明白になった以上、社会生活をどのように再開させていくのかを考えるときが来ました。今のところ我が国では30歳未満の感染者約3000人中、死者はゼロで、重傷者も5人に留まっています。若い人は感染しても重症化しにくいことは間違いありません。たとえ死亡者ゼロを維持することはできなくても、教育を始めとする若者の活動から始めるべきだと思います。人数制限をすれば、クラシックコンサートなどのイベントや美術館も再開できるはずです。

 強調すべきは感染予防です。飛沫感染にはかなり意識が向いていますが、危ないのは接触感染です。注意すべきは人と人が直接接触することよりも、人→物→人による感染です。手すりやドアノブやスイッチなど不特定多数が触れるもので自分の手を汚染させない努力をし、自分の手の状態を気にしてこまめに手洗いやアルコール消毒を行い、自分の手で口や鼻の周りを触らない(マスクはこれに非常に有用!)、そんな習慣を自粛期間にこそもっと強調すべきでした。新型コロナウイルスとはインフルエンザと同様に共存するしかありませんし、今後も同じようなウイルスも現れます。学校教育で教え続ける必要があります。外食産業も環境を整えれば再開できるはずです。個人経営者も自分の人生をかけている人は多くいます。感染機会を減らすことで、再開できる業種が増えると、補助金の負担も減ります。先日の日本感染症学会で、ウイルス量は高齢者の方が多いようであるという報告もされています。やはり若者の行動抑制は早期に解除すべきです。


menu close

スマートフォン用メニュー