新庄・最上地域の医療拠点として地域の皆様のお役に立ちたい

ホーム > 院長コラム > Vol.155 高齢者の終末期における点滴の功罪

院長コラム

Vol.155 高齢者の終末期における点滴の功罪

 加齢や認知症などで回復の見込みがなくなった高齢者に対して行う医療行為の中で、今回は点滴ー医学的には輸液と言いますーについて考えてみましょう。

 普通の点滴で入れることができるのは、水分と電解質(ナトリウムやカリウムなど)とわずかの栄養です。下痢や熱中症などで脱水になったり、血液中の塩分のバランスが崩れた時には有効です。医療現場でよく使う点滴の糖分は5%以下で、スポーツ飲料よりも低いのです。500ccの点滴に含まれるエネルギーは100カロリー以下のことが多く、同量のスポーツ飲料や饅頭一個以下で、ご飯一杯の半分以下でしかありません。

 高カロリー輸液を用いると、1日に1500カロリー以上を入れることができますが、太い静脈にカテーテルを入れる必要があり、普通の点滴に比べて出血や気胸(肺がしぼんでしまう現象)や細菌感染などを起こしやすい欠点があります。また、点滴では栄養素が腸から肝臓へという経路をとらずに全身を循環するので、特に高齢者では栄養をうまく利用できずに、血糖が大きく変動したり、肝機能障害を起こすことが珍しくありません。このような状況で行う高カロリー輸液は百害あって一利と言ってよいでしょう。

 衰弱していく高齢者に高カロリーを行うことは少なくなったようですが、我が国では依然として終末期にほとんど人が点滴を受けています。一番の理由は、何も医療行為を行わないことに医療者も患者の家族も堪えられないからだと思います。私の父はパーキンソン病で寝たきりになり亡くなりましたが、1本の点滴もしませんでした。似た状況の患者さんの家族に何もしない方法を提示しても、それを選択することはほとんどありません。点滴の利点の少なさと欠点の多さを時間と労力をかけて説明しますが、ほどほどで妥協して、害を最小限にするようにしているのが現実です。

 点滴を受けても、相応の尿が出なければ、余分な水分が身体に溜まります。衰弱した高齢者では、血液中に入った水分が血管の外へ出る割合が多くなり、手足だけでなく内臓までむくみます。肺はもともとスポンジのような臓器で、その中に毛細血管が張り巡らされて、酸素を取り込み炭酸ガスを出す作業を行っています。肺がむくむと水を含んだスポンジのようになるので、酸素を取り込みにくくなり、炭酸ガスを出しにくくなり、呼吸は障害されます。陸に居ながらにして溺れるような状態になってしまうのです。

 高齢者の終末期に行う点滴は、苦痛を取り除く方法が点滴しかない状況以外は、メリットが非常に少ないのです。

院長 笹壁弘嗣

新庄朝日第837号 平成30年5月15日(火) 掲載

・過去に新庄朝日等に掲載されたコラムがご覧いただけます。